呪術廻戦0巻面白い!!漫画以外なんもしていない一日。

投稿16日目。本日1月17日。

今日は日曜日だが、同居人ゆっぴーが夜勤なので、特にすることがない。

一緒にお昼ご飯を食べて、用事ついでに駅まで送っていく。

目的地がゆっぴーと逆なので、逆のホームに向かう。

逆方向に電車が向かっていくとき、なぜか遠距離の時が思い出され悲しくなった。

目的地に向かう途中、最近はやりの呪術廻戦を読んだ。

1~14巻はすでに読んでいるが、最近0巻も出たのでそれを読んだ。

この本は、本編主人公の虎杖悠仁が呪術高等専門学校に入学する1年前の話。

主人公は乙骨憂太で、本編の2年生たちも出てきて活躍する内容になっている。

0巻では夏油傑が起こした、新宿・京都に大量の呪いを放った『百鬼夜行』も書かれている。

本編で会話こそ出てくるものの、実際夏油傑が何をしたのかわからないので、そこに繋がるこの0巻は本編読者も十分楽しめた。

1巻読み切りなので、展開も早く何より読みやすい。

本編読者としては、欲を言えばもっと長く濃く書かれてもよいと思ったが、連載前の作品ぽいので仕方ない…。

あとがきを読むと、この話は本編の前に全4回の月間連載をしたものっぽいので、これから呪術廻戦を読み始める人も、呪術廻戦がどのような話か知る意味でもお勧めかもしれない。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました